呉服の歴史

呉服とは、中国三国時代に呉の国から伝わってきた方法で織られた織物のことで、厳密には着物のことを指しているわけではありません。元々は絹で織られたものを呉服と呼んでおり、綿で織られたものは太物といわれ、それぞれ別の店舗で扱われていました。しかし、やがて西洋風の服装が日本にも広まってきたことから、洋服の対義語として和服、あるいは呉服という言葉が使われるようになりましたので、今日では着物のことを総称して呉服と呼んでいる人がほとんどです。
呉服はその時代ごとに意匠や素材、仕立て方などが異なっています。例えば、平安時代には幾重にも衣を重ねている十二単が貴族の装束としてよく知られていますが、鎌倉時代や室町時代以降に入ると、袴はなくなり、打掛を羽織る形で次第に簡略化されていっています。また、江戸時代に入ると、質素倹約例が出ていることもあり、装いを豪華にすることができなくなってきます。その分、素材などに贅を凝らしたものも多数あり、華やかさだけではなく、上品さを兼ね備えたもの田多数残されています。
現在では呉服を着る機会は非常に少なくなっていますが、成人式や結婚式、叙勲式などの重要な場面では、やはり正装として着用する人がほとんどです。女性の場合、最上級の礼装として振袖や黒留袖があり、色留袖や訪問着も礼装として十分着用できます。また、ちょっとした外出には附下、普段着には小紋と、やはりTPOに合ったものを着用するマナーは残されています。一方で、若い女性の中には浴衣を膝丈にしたり、レースなどをあしらった着物ドレスなど、和服の特徴を残した洋服として着用している人もおり、新たな楽しみ方を見出しています。日本人である以上、着物に興味を持つことは大変結構ではありますが、このように歴史のある服装でもありますので、物珍しさだけでなく、最低限の着物に関する常識や知識は身に着けておいた方が、後々役に立つこともあるでしょう。